手紙や年賀状は必要ですか?

書くことが億劫になる

最近では携帯メールやネットのメールなど、通信手段がより便利になったことで手紙を書くことから益々遠ざかっているのが現状です。 手紙といわず、文字を書くことも減っているのが現状です。 たしかに、書くことは今となってはかなり億劫な作業といえます。 何か文章を書くにしても、パソコンを使えば手書きより綺麗にできるわけですから。 ましてや手紙を書くなんて、といった人がほとんどではないでしょうか。 年賀状も同じように、手書きで書くことはまずないでしょう。 書いても、ほんの数行書き添えるくらいではないでしょうか。 中には、パソコンで年賀状を作り手書きの文章がいっさいないものもあります。 しかし、手紙にしても年賀状にしても人が書いた文字は、気持ちやその人自身の全てがでてきます。 手書きの手紙や年賀状を受け取った人は、彼はこういう文字だったなとか、学生時代から変わってないなとか。 いろいろな情報が書いた文字に現れます。 それに、パソコンで作った文字を見て感動する人はなかなかいません。 手でしっかりと書かれたものは、「わざわざ自分のために書いてくれたんだ」と感慨深く思うでしょう。 まさに、心のこもった贈り物になるわけです。 新年を迎えた元旦に、そのような心のこもった贈り物を頂くとどうでしょうか。 誰でも嬉しいに違いありません。 文字の得手不得手は関係ありません。 その人が書いたこと、その人の文字そのものが価値があるのです。 パソコンのメールや携帯メールだと、送ってから直ぐに返事がないと、「何で返事がないのだろう?」と思うのがほとんどです。 メールをもらって、直ぐに返事を出すというのは意外と精神的に負担にもなります。 しかし、手紙だと送った相手に届くのにも数日、返事を書いたとしても数日かかるわけです。 そのように、ゆったりした時間を待つのも風情があります。 忘れていたころに、不意に手紙が来たときにはまるで恋人から来た手紙のように嬉しいはずです。 急ぐ時代だからこそ、そのような通信手段もいいのではないでしょうか。

●●●手紙や年賀状は必要ですか? ALL RIGHTS RESERVED●●●

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪