手紙や年賀状は必要ですか?

必要ないと思うのは若者以外にも

年末年始のイベントは定例化されており、盛りだくさんです。 たとえば、年末になると大掃除、年越し蕎麦、紅白歌合戦などがありますし、お正月になると、初詣、おせち、鏡餅、初日の出などがあります。 その中に年賀状というものがあります。年賀状を書く人の大半は、年末に書いて投函をします。まじめなひとだと、元日に間に合うように、郵便局に指定された期日までに出すことを心がけています。手紙世代は宛名書きなども慣れている人もいると思いますが、多い人だと何千枚書く人もおり、宛名書きでも大変な仕事になります。また、年末は仕事も忙しいですし、家庭の用事も済ませないことがたくさんあり、誰もがとても忙しい時期です。 年賀状は、1950年から始まり、当初の発行枚数は1億8000万枚でしたが、どんどん認知度を高め、2003年には、過去最大の44億枚が発行され、一昔前では書いて当たり前とも言えるものでした。一年に一回お正月に交わす手紙代わりのものととして、普段連絡を取れない人とも繋がれるというコミュニケーションの側面もありました。 しかし、近年ではインターネットや携帯メール、スマートフォンやLINE、facebookなどのsnsが普及し、手紙やはがきは使わず、年始の挨拶も電子的方法で挨拶を済ませる人も増えたため、年賀状の発行枚数はどんどん減ってきています。また、人々の意識の変化から多くの人の中に、書くのが面倒だし、不要な風習ではないかと思う人も増えており、これも発行枚数を大きく減らす要因となっています。 実際に、携帯メールやスマートフォンによるコミュニケーションを使う若者以外でも必要ではないと考える人たちが増えてきています。技術の進化や生活スタイル変化に伴い、コミュニケーションの手段は変わっていくのはやむを得ない部分はあります。昔では手紙ははがきが担っていたコミュニケーションの代替としてメールなどが使われることは世の中の流れです。

●●●手紙や年賀状は必要ですか? ALL RIGHTS RESERVED●●●

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪