手紙や年賀状は必要ですか?

現代人にとっての手段は電子機器を

昔の人に比べて現代人は、手紙を書く回数が減っています。 手紙を書く回数が減ったと考えると、人同士のコミュニケーションが薄くなったと思うかもしれません。 たしかに、都会では隣に住んでいる人を知らないこともあるぐらいなので、昔に比べればコミュニケーションは薄くなったかもしれません。 しかし手紙を書かなくなったといっても、離れた場所に住んでいる家族や友人同士の繋がりは。昔に比べて密になっているとも考えられます。 コミュニケーションが密になったと考えられる理由は、電子機器です。 パソコンや携帯電話で送ることができるメールは、手紙よりも気楽に遅れます。 手紙だと便箋と封筒を用意して、一文字一文字書いていかなければいけません。 しかしメールだと、パソコンや携帯電話の前でキーボードを使って打ち込んでいくだけです。 タイピングが速い人ならあっという間に打ち終わり、すぐに送信して相手に届けることができます。 メールを送られた相手も、すぐに返信することが可能です。 最近はSNSやチャットアプリの登場により、さらに発達しているといっても良いでしょう。 例え遠い海外に住んでいても瞬時にコミュニケーションが取れるので、電子機器という手段を使うことによって、現代人は以前に比べて人同士のつながりは深いといえるかもしれません。 こうした電子機器の発達は、日本の伝統的なコミュニケーション手段も変えています。 例えば、年賀状です。 年賀状は、年賀ハガキを購入して手書きで書いてポストに投函するのが当たり前でした。 しかし近年は、年賀ハガキを使わずにメールなどを年賀状の代わりに使っています。 1月1日の午前0時には一斉にメールが送信されるために、携帯電話が不通になることもあるほどです。 しかし、電子機器を使ったコミュニケーションは、手軽である反面手紙と違い温もりが感じられないと感じる人もいます。 そのため現代人の一部では、今も変わらず手紙や手書きの年賀状が使われています。

●●●手紙や年賀状は必要ですか? ALL RIGHTS RESERVED●●●

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪